BIGLOBE NEW ZEALAND

アクセスカウンタ

zoom RSS ラグビー高校留学と、その動画

<<   作成日時 : 2010/08/05 09:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

7月、8月の夏休み期間は、日本からたくさんの短期留学生がニュージーランドを訪れる。語学留学生、親子留学生、グループツアー、高校留学生、そしてラグビー留学生もいる。

以前にもこのブログでもご紹介したが、ロトルアにある男子高校、ロトルアボーイズハイスクール(RBHS)にも日本から何人かのラグビー高校留学生が在籍している。半数ほどは長期留学で、残りの半数は夏休みだけの留学だ。

ロトルアボーイズハイスクールは、2003年と2004年のサニックスユース大会で優勝経験のある強豪高校で、現オールブラックスの、Liam Messam、Tom Donnelly、Craig Newbury、Michael Delany 選手などを輩出している、ニュージーランドでも有名なラグビー強豪高校だ。

この高校の特徴は、Year11(日本の高校1年生)以上の学年の選択科目の中に、ラグビーアカデミーという授業があり、単位も取得できる。しかも、ラグビーアカデミーの授業は毎日5時間の内2時間、週に10時間行われ、ラグビーの技術を習得したい学生には最適の授業内容となっている。ラグビーアカデミー選択者は、学校から徒歩5分のところにある一般のジムを無料でいつでも何度でも利用できるので、自主トレでウエイトトレーニングもできる。また、ラグビーのスキルの指導を、個人個人に徹底的に行う。もちろん、長期留学生だけではなく短期留学生もこの授業を受講することも可能だ。

現在のラグビーアカデミーのコーチはニュージーランドの大学選抜に選ばれ日本にも遠征経験があり、RBHSの1軍のコーチも行っているゴードン・ハント氏を中心に、コカコーラウエストでプレーをしていたクレイトン・マクミラン氏などがあたっている。

今年の7月8月のラグビーアカデミーの授業のほんの一部だが、動画を以下にアップしている。興味のある方は是非ご覧ください。

3つめの動画は、ハント先生が1軍に所属しているプレーヤーを何人か授業に呼んで、日本人メンバーのチームとタッチラグビーをした様子だ。1軍の強さを体で体験してもらうことが目的だ。また、ゲーム形式をとり入れることで、学生をリフレッシュさせるという意図もある。


キックオフNZ では、現在、2011年2月から及び4月からのロトルアボーイズハイスクールの長期ラグビー高校留学のお問い合わせ、お申し込みを受付中です。すでにお申し込みも頂き、またお問い合わせも多数いただいています。ワールドカップイヤーに、開催地ニュージーランドでラグビー留学をしませんか?(詳細は以下のサイトをご覧ください。3月、7月のチームでの合宿も承っています。)

ロトルアボーイズハイスクールで高校ラグビー留学についてはこちら

ラグビー留学のお問い合わせはこちらから




その他の動画はこちら

記事提供:(Kickoff-T)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ラグビー高校留学と、その動画 BIGLOBE NEW ZEALAND/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる